FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今晩、おでんに「南蛮エビしんじょう」はいかがですか!

 2月22日は「おでんの日」。皆さんはご存じでしたか?
多分ほとんどの方が初耳だったのではと思います。

 新潟の市民グループが、あつあつのおでんを
「ふーふーふー」としながら食べることで、「2(ふー)」が3つで、
2月22日を「おでんの日」として、2007年に日本記念日協会に
登録していました。(新潟がおでんの日発祥の地になるそうです)

 当日、グループのみなさんが市内でイベントを開き、
「新潟オリジナルおでん」を食限定(ここまでこだわりました)
で販売されました。

 「新潟オリジナルおでん」は佐渡産の焼きあごを使った特製だし汁に、
地鶏のつくね、がんもどき、そして出ました!我らが「南蛮エビしんじょう」
など新潟の特産品品が盛り込まれています。
想像しただけで体が温まってきますね~。

 今回使われた「南蛮エビしんじょう」は
新潟市の竹徳かまぼこ(株) http://www.taketoku.com/
製造しているもので、新潟産南蛮エビを混ぜて練りこんだ
「しんじょう」を揚げたものです。おでん種にはもちろんですが、
お酒のおつまみにも最適です。私は生姜醤油につけて食べるのが大好きです。
皆さんもぜひ一度お試しください。
 
 でも、2月22日は、にゃんにゃんにゃんで、たしか「ネコの日」でしたよね~。 
 
<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー
   
スポンサーサイト

NST「スマイルスタジアム」で「南蛮エビ」を使ったパスタが紹介されました

 NSTで 毎週土曜日 夕方6時00分から放送されている、
「スマイルスタジアム」20日放送分、「キッチンスタジアム」のコーナーで、
「南蛮エビのクリームパスタ」が調理・紹介されました。

 「キッチンスタジアム」は月1回のコーナーで、
旬の食材を使ったお料理を紹介しており、先月はカキを使用していました。
今月の食材は、今が旬の新潟産「南蛮エビ」です。

 今回の料理は、南蛮エビを頭から殻までまるごと使い、
ニンニク、白ワイン等で香り付けをし、生クリーム・卵黄で混ぜて、
パスタを加えて出来上がり・・・と、書いているだけでは簡単そうですが・・・ 
詳しいレシピは「スマイルスタジアム」ホームページの
「スタジアムキッチン」から検索してください。

 番組では、「南蛮エビの名前の由来」がクイズで出されていましたが、
皆さん、分かりましたでしょうか?
正解は…そうです!色と形が赤唐辛子(南蛮)に似ているからです。 
南蛮エビは名前のイメージから、「辛いの?」とよく言われますが、
皆さんご存知の「甘エビ」のことなので、とっても甘くて、老若男女に大人気!
特に新潟の南蛮エビは、とっても新鮮なので、目と舌で楽しめます☆

   新潟産赤唐辛子 色・形似てますか?
赤唐辛子     

 南蛮エビはこの他にも、和洋中いろいろな料理に合う食材です。
ぜひ皆様も、協議会ホームページ料理レシピをクリックしてチャレンジしてください。

     新潟産南蛮エビ 比較してみてください
南蛮エビ

 ミニ知識として、今回材料として使われている、「プチベール」。
初めて名前を聞いた方も多いと思いますが、青汁の原料として使われる
ケールと芽キャベツとの交配により生まれた野菜です。

 もう一つのミニ知識として、私はもちろん南蛮エビは大好きですが、
クリーム系のパスタより、トマト系や、ペペロンチーノが大好きです(笑)

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー
  

BSNテレビ「知っとこ!」に「柳カレイ一夜干し」が・・・

 BSNテレビ 毎週土曜日 朝7時30分から放送されている、
「知っとこ!」20日放送分、「今週これ知っとこ!」のコーナーで、
朝食に「柳カレイ一夜干し」を提供しているお宿が紹介されました。

 「今の季節行きたい!こだわり満載!朝食自慢のお宿!」と題して、
お値段以上の価値がある朝食がおいしいお宿を紹介する内容でした。

 その中で、十日町市松之山温泉の8つの旅館が共同で
「朝ごはんの統一メニューの提供」をテーマに活動していて、
自然薯を使った「とろろ朝まんま」を共通メニューとして
提供する取組が行われているそうです。

 「なんだ、柳カレイじゃないのか。」・・・チョ、チョット待ってください。
大丈夫です。「ひなの宿千歳」さんが「とろろ朝まんま」に、
その場で焼いて食べる「柳カレイ一夜干し」を添えてくれているのです。

 ご覧になった方で朝食がまだだった方は、多分のどが鳴ったり、
お腹が鳴ったり大変だったのではないでしょうか。
 
 「ひなの宿千歳」さんは「お料理良し、お風呂良し」と、
大変人気のあるお宿です。ぜひ一度「柳カレイ一夜干し」
を食べにお訪ね下さい。

 ちなみに少し自慢をさせていただくと、「ひなの宿千歳」さんで
提供されている「柳カレイ一夜干し」は、岩船港から直送されています
 「柳カレイ一夜干し」は岩船港直売所 http://www.iwafunegyokou.com/index.html でお買い求めいただけま~す! 一度お試しを!

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー
    

アジが水揚されました。

 久しぶりの好天に恵まれた昨日(18日)、新潟市場に
青森県の船が着岸し日本海で漁獲された、
アジが水揚されました。

 朝、出勤した時はまだ船が着岸していませんでしたが、
輸送用のトラックが停まっていたり、箱が積まれていたりして、
大型船の水揚がありそうな雰囲気が・・・。

 9時位に船が着岸し、作業が始まったようです。
窓からのぞきましたが、目が悪い私には残念ながら
アジなのかサバなのかよくわかりません・・・目のせいではない

アジ水揚げ網

 20~25cm位の鮮度のよいアジが続々と大きな網で揚がります。
時折脂がのったマサバもまじっているようです。

アジ水揚げ

 作業の邪魔にならないように写真を撮らせていただきました。
ア、お父さんまだその箱動かさないで!
  
   箱詰めされたアジ
アジ箱詰め
  
 手際よく選別・箱詰め・氷詰めされ、順調に作業が進み昼前には終了しました。
水揚されたアジは昨日のうちに県内外に送られていきました。
皆さんの食卓にも、今日あたり届いているかもしれません。
     
 さて、今日の給食は、アジフライかな?
 
(昼食後)残念。週末恒例カレーライスでした~。ごちそうさまでした

    マサバも揚がってました
サバ

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー
    



上越の皆さん、柳カレイですよ!

 しばらく柳カレイの話題がありませんでしたが、
そのせいか県水産課のYさんが、風邪をひいてしまったようなので、
久振りに柳カレイについて書かせていただきます。

 先日、たまには奥さん孝行でもと思いまして、
上越地方の山間部にある温泉に行って来ました。
今回はとにかくのんびりしたいということで、3時前に着いて温泉三昧。
おいしい食事と地酒をいただいてゆっくり休みました。

 翌朝、朝風呂を頂戴してさぁ朝食です。温泉で炊いたおかゆにご飯。
1人用の焼台がありました。さて焼き物は? 仲居さんが「ササガレイです。
軽く焼いて召し上がり下さい。全部たべられますよ。」と案内されました。
「何ぃ~、確かササガレイは・・・?」と、疑問に思いつつもおいしかったので、
そのまま帰ってまいりました。・・・お前はおいしければそれでいいのか
 
 休み明けに、ササガレイ=ヤナギムシガレイ=柳カレイであることを再確認して、
恐縮しながら支配人さんに電話をさせていただきました。
支配人さん曰く「料理長が関西人で、仕入の関係等もございまして。
県がブランド化を推進しているのは存じておりますので、今後検討させていただきます。」
とのこと。支配人、是非「新潟産柳カレイ」をお願いいたします。
今度ポスターとミニのぼりを持ってお伺いしますよ。

      柳カレイミニのぼり
ヤナギミニノボリ

上越地方は、どちらかというと、関西・北陸に近いということもあるのかもしれません。
南蛮エビも甘エビと普段呼ばれているようです。

 協議会の県内における、両ブランドの更なるPRの必要性を感じました。
まずは足下からコツコツと。

      柳カレイポスター
ヤナギポスター

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー
    

「にいがた冬食の陣 おかわり座」が開催されました

 2月11日(木・祝日)新潟市のふるさと村を会場に、
「にいがた冬食の陣 おかわり座」が開催され大勢の方で賑わいました。

 今回のおかわり座は、2月6日・7日に行われた、
当日座の関連イベントで、ふるさと村のみで開催されたものです。

 協議会の関係では、新潟産南蛮エビを使用した
「新潟バーガー・南蛮海老しんじょうバーガー」と
「米粉ラーメン南蛮海老みそラーメン」が調理・販売されました。

 「南蛮海老しんじょうバーガー」は、南蛮エビなどを練り込んだ生地を、
油でふっくらと揚げたエビしんじょうを、バンズにはさみレタス、
玉葱などをトッピングした、ボリュームたっぷりのバーガー。

   南蛮海老しんじょうバーガーのブース
エビしんじょうバーガー

 「米粉ラーメン南蛮海老みそラーメン」は、
米粉を練り込んだ麺にスープは味噌仕立て、
野菜とチャーシュー、そしてボイルした南蛮エビをのせ、
仕上げに素井興食品工業(株) http://www.suikoh.jp/ の
「新潟産南蛮エビ・オイル」を1振り、2振り、3振り・・・おっと、かけ過ぎですよ
香ばしい南蛮エビの風味が広がり、食欲がそそられる一品でした。

    新潟産南蛮エビ・オイルはお好みで
ラーメン

 協議会では、のぼり立てをお願いし、南蛮えびのPRを行いました。
2週連続で食の陣に来場されたお客様もいられると思われますが、
紅いのぼりが目に焼き付いていただけてるでしょうか?

  南蛮エビ大のぼり 憶えていらっしゃいますか?
エビノボリ

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー











戻ってきました!「佐渡の寒ブリ」 NO2

 ところが、ブリの神様は佐渡の漁師さんを見捨ててはいませんでした。
さすが魚へんに神=鰰?  これはハタハタ・・・失礼いたしました

 大寒波がブリを連れて来てくれました。5~6kgの中ブリが中心ですが、
2月では珍しいほどの大漁です。
 
寒ブリ漁

 まだまだ十分脂ものって美味しくいただけます。
価格も安定していますので、まだ今シーズン食べてない方はぜひどうぞ。
(ご覧になられた頃にはもうないかもしれません。ご了承下さい)

 「佐渡寒ブリ販売促進協議会」では体重10kg以上、脂質15%以上で、
漁獲後ただちに血抜きをし、海洋深層水氷で〆るなどの基準を設定し、
船頭が選りすぐったブリを「佐渡一番寒ブリ」と、ネーミングし
皆様にご賞味いただいております。来シーズンはぜひお召し上がり下さい。

 同協議会では、「佐渡寒ブリおいしい店」認証制度を行っております。
詳細は後日ご案内させていただきます。

寒ブリポスター

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー
    

戻ってきました!「佐渡の寒ブリ」 NO1

 3つある水産物のにいがたフード・ブランドで、皆さんは
「南蛮エビ」「柳カレイ」の他、もう1つはご存じですよね?
・・・ ピンポ~ン! 正解です。「佐渡寒ブリ」です。
今シーズンの佐渡の寒ブリ漁が大変なんです。

寒ブリ

 例年より早く、昨年10月下旬に今シーズンの初水揚げがあり、
7kg以上の大型ブリが、1日で100本以上揚がった日もありました。
 
 その勢いで11月に入っても大型ブリを中心に大漁が続いて
前年同月の10倍以上の水揚げでした。
さらに期待された12月でしたが・・・

 なぜか失速。最需要期の年末にかけても水揚げが無い日が多く、
せっかくいただいた、新潟市内の料亭さんや首都圏デパートからの
注文を涙ながらにお断りする日が続きました。

 年が明けて1月の水揚げも例年より悪く、2月に入っても
寂しい日が続きました。富山県や石川県も不漁のようで
「もう今シーズンは終わりだな。」と、思われました
 ・・・が  つづきは NO2へ
 
寒ブリポスター

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー
    

「にいがた冬食の陣当日座」が開催されました

 2月6日・7日に、今年で18回目を迎える
「にいがた冬食の陣当日座」が新潟市内4会場で開催されました。
6日は荒れた天候のため、人出が鈍かったようですが、
7日は好天にも恵まれ大勢の方で賑わっていました。

 ブランド化推進協議会の関連では、すし組合新潟中央支部さん、
新潟県調理師会新潟支部さん、新潟調理師専門学校さんが、
新潟県産南蛮エビを材料に使用した料理で古町会場に出店をされ、
調理・販売をされました。

 すし組合新潟中央支部さんの「おやじの握る生寿司」は、
職人さんがその場で握った、南蛮エビ・いか・まぐろ・サーモンの
握り4貫と玉子をパックにして販売し、たくさんの方がその場で食べたり、
お土産用にと買い求めていました。

すし組合新潟中央支部さんのブース
すし組合ブース

 新潟調理師専門学校さんの「コラーゲンたっぷりのこしひかりラーメン」は、
スープを南蛮エビ風味に、具に南蛮エビのすり身を団子にして提供されていました。
南蛮エビの香りがほのかにし、体が温まるラーメンに、大勢の方が列を作っていました。

新潟調理師専門学校さんのブース
調理師専門学校ブース

 新潟県調理師会新潟支部さんの「究極米粉パンの南蛮海老バーガー」は、
直径10cm以上はあると思われるあたたかい米粉のバンズに、
大きめの南蛮エビカツをはさみ、トマト、レタス、タマネギを
トッピングした満腹感イッパイのバーガー。
予定数を早々と売り切り早めに店じまいをされていました。

新潟県調理師会新潟支部さんの皆さん
調理士会ブース

 協議会では、3つのブースに南蛮エビのノボリとポスターの
掲示をお願いし、PRをしました。

 今回は残念ながら、柳カレイを材料にした料理はありませんでしたが、
今後とも色々なイベントを通して、両ブランド品の美味しさ・
食べ方などを皆様に伝えて行きたいと思います。       
     
 賑わう当日座古町会場
当日座

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー
    


全日本総合錦鯉品評会PRコーナー出展 無事終了いたしました NO2

 天候も回復し始め、「よ~し、今日はきのうの倍だぞ~」
と張り切って2日目を迎えました。

 ところが・・・開店してしばらくは1日目よりお客様が少ない状態が続きました。
あてにしていた大会関係者の皆様も少なめです。ひょっとして表彰式と
レセプションが終わってから、前日のうちに帰られたのでしょうか。

 それでも、お昼近くになり来場者が増え始め、直売所茂原所長の
「試食の大盤振る舞い」が功を奏したのか、
「柳カレイの一夜干し」を中心に売れだし、前日同様完売いたしました。

 そして、今回の目玉「南蛮えび煎餅」。
昨年、県内限定で発売になり、駅や観光地など売り場も増え大ヒット中の商品です。
しかしナゼか今回は売れません。試食もしていただくのですが売れません。
やはり来場者が少ないせいなのでしょうか。

       「どうして売れないんだろ~」と、悩むUさん
悩むUさん

 そこで、このままではマズイと思った県水産課のUさん。
大きな声での呼び込み、執拗な?までの試食への誘導、etc・・・を始めました。
その効果が徐々に表れ、なんと前日の倍の個数を販売しました。

 終わる頃には、外はすっかり青空良い天気です。
「もう1日早く天気が回復してくれたら」と、皆さんが思った事でしょう。

 それでも両協議会にとっては、2日間とも完売した
「柳カレイの一夜干し」の人気の高さを知る事ができ、
そして「南蛮えび煎餅」の存在を知っていただくことができ
大変有意義な2日間でした。

 応援、激励をいただいた皆様ありがとうございました。
 
          苦戦した南蛮えび煎餅 
南蛮エビ煎餅

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー
    


全日本総合錦鯉品評会PRコーナー出展 無事終了いたしました NO1

 2月6日・7日に、新潟市朱鷺メッセで開催された
全日本総合錦鯉品評会場の県産品PRコーナーに、
南蛮エビと柳カレイ両ブランド化推進協議会が出展し、
岩船港直売所にも出店をしていただき、両ブランドのPRと販売を行いました。

 飾り付けをした3日には用意できなかった、
岩船港直売所の大漁旗も無事届き、準備OK!
大勢の方の来場を期待して臨みましたが、6日はあいにくの猛吹雪。
午前中は役員や出品者などの大会関係者や、
海外からのお客様も多かったためほとんど開店休業状態。

 昼過ぎになりようやく一般の方も来場され活気づきました。
激励に来られた県水産課をはじめ、水産関係の皆様からも
自主的に(強制ではありません)購入していただいて、
「柳カレイの一夜干し」や「鮭の塩引き」を中心に売れていきました。
閉店間際には、広島からのお客様に大量買いをしていただき、
直売所の茂原所長にも笑顔がこぼれました。

 用意してきた「柳カレイの一夜干し」もメデタク完売し、
「明日は天気も良くなるし、大会役員や県外からの方が、
帰り際に買って帰りますよ」と、楽観論がでたところで、1日目が終了。

「さぁ~明日に備え早く帰って寝ましょう!」  続きはNO2へ。

 岩船港直売所 http://www.iwafunegyokou.com/index.html

         大漁旗も勇ましく
大漁旗

         柳カレイ一夜干し
柳一夜干し

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー
    


「佐渡ケ島 南蛮エビ蓄養施設」の見学に行ってきました! NO2

 取水施設の次は今回の目玉「南蛮エビ蓄養施設」へ。
施設内には蓄養タンクが並んでいました。

 早速タンクの中を見せていただくと、9~10cmくらいの
元気なエビちゃんがスイスイと気持~ち良さそうに泳いでいます。
1つのタンクには、約1,000尾くらい蓄養されているそうです。

 蓄養に利用している海洋深層水を採取している深層水域では、
バクテリアにより有機物の分解が大きくなることから、
栄養分が豊富な海水に変化しているそうです。
また、比重が違う表層の海水とは混じらないため清浄性はバツグンです。

 そんなきれいで栄養豊富な海洋深層水で蓄養し、
活きている南蛮エビを佐渡漁業協同組合松ヶ崎出張所では
「はねっ娘(はねっこ)」とネーミングし、海洋深層水に入れて
新潟市内のお寿司屋さんなどに出荷しております。

 また、NISACOさんではお取り寄せ商品として、活きている「活南蛮」と
新鮮な「生鮮南蛮エビ」のセットを販売しております。
詳しくはこちらまで。 http://www.sado-dsw.com/shopping.html

「川口さ~ん、大きな忘れ物をしてしまいました。試食させてもらってませ~ん!」

         タンク内の元気な南蛮エビ
活南蛮

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー

「佐渡ケ島 南蛮エビ蓄養施設」 の見学に行ってきました! NO.1

 1月27日(水)、両津港から海岸線を本土側の弥彦山を左手に
眺めながらのドライブ。途中、波しぶきをザブ~ンとかぶりながら・・・
ではなくこの時期では珍しく、太陽が時折顔を見せ、海は凪いでいました。
 
 50分後、佐渡市多田にある「佐渡海洋深層水分水施設(NISACO)」
に到着。現地の川口さんからさっそく案内していただきました。
 
 まずは取水施設から。採水地は佐渡市多田沖3,600m、
取水深度は332m。総延長3,663mの取水管を通り取水されます。
時々深海魚が取水口から侵入し取水管を通り揚がってくるそうです。
大物が揚がった時は皆さんでおいしく頂くそうです・・・うらやましい!
 
 取水した深層水は、砂ろ過し紫外線滅菌した「原水」や、
2種類の脱塩装置により処理された「脱塩水」「濃縮水」「高ミネラル水」
「高塩水」の5種類の海洋深層水として利用されています。
一般的には温泉施設、魚介類の蓄養、飲料水などいろいろな
分野で活用されています。
 詳しくはNISACOホームページで。http://www.nisaco.co.jp/
 
 NO2では、「南蛮エビ蓄養施設」の報告をいたします。
 
 この沖合に取水口があります。
NISACO取水口

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー




ただいま準備中!

 2月6日(土)~7日(日)に、新潟市朱鷺メッセで開催される、
全日本総合錦鯉品評会場2階エスプラナードの県産品PRコーナーに、
南蛮エビと柳カレイの両ブランド化推進協議会が出展するため、
コーナーの飾り付けをしてきました。

 残念ながら岩船港直売所の大漁旗は当日にならないと用意が
できないので、今日はポスターとノボリのセットをしてきました。
 
 ポスターはにいがたフード・ブランドの「南蛮エビ」「柳カレイ」
「佐渡寒ブリ」と、新潟県漁連ご自慢のさかなクンがイラストを
描いてくれた「ギョギョうまっ!!」。そしてお父さん大好き「ノドグロ」。
新潟県漁連Aさんのようなハラグロではありません・・・?
 
 貼るスペースをたくさんもらったのでイッパイ貼ろうということになり、
県水産課Uさんの発案「クロス貼り」を敢行。見事なポスターの市松模様が
出来上がりました! 余談ですが「柳カレイの市松揚げ」のレシピが
柳カレイホームページの料理レシピに掲載されています。一度試してみて下さい。

 それでは当日皆様のご来場をお待ちしております。
 詳細はホームページのお知らせをクリック!

 忘れていました。ノボリは写真の3本です。

市松模様

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー
プロフィール

ブランド化推進協議会

Author:ブランド化推進協議会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。