FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“にいがたおさかな元気まつり”が開催されました!NO.1

ゴールデンウイーク終盤の5月7日(土)、新潟市万代島の新潟漁協直売所を会場に
「にいがたおさかな元気まつり」が開催されました。
(新潟漁協、新潟県漁業士会、新潟県、新潟市、万代島鮮魚センターが主催。
新潟県漁連、新潟海づくり協議会が後援。)

         <おさかな元気まつり案内看板>
まつり看板

      <会場入口にはさかなまつりのノボリが>
ノボリ

“がんばろう日本の漁師”をスローガンに
新潟の漁師が同じ漁師仲間として、東日本大震災で被災した漁業者を応援するとともに
新潟の地魚のおいしさをアピールすることを目的に、開催されたものです。


          <まもりんも来てくれました>
まもりん表

           <初公開?まもりんの裏側>
まもりん裏

GW終盤、お出かけ疲れによる人出の心配もありましたが
前日のBSNさんのラジオCM、ポスター等による告知
さらになんと言っても、泉田新潟県知事がイベントに参加されるということで
開会式が始まる頃には大勢の方に来場いただきました。

     <会場では漁師が案内チラシを配布しました>
チラシ配り

        <マスコミも大勢取材に来てくれました>
マスコミ

   <開会前の様子 徐々にお客さんが増えてきました> 
来場客

泉田知事、小田新潟漁協組合長の挨拶のあと、イベント開始。
今回のメインイベントはチャリテイ浜汁、漁師による素人競り市
鮮魚販売、義援金募金活動の4つです。

            <挨拶される泉田知事>
知事挨拶

            <挨拶される小田組合長>
組合長挨拶

          <漁師による義援金募金活動>
募金

開会式の後すぐに始まったのは “チャリテイ浜汁”です。
開会式の前からかなりの方が並ばれていました。
調理・給仕は新潟漁協女性部の皆さんが担当され
今回の具材は“南蛮エビ”

           <チャリテイ浜汁案内看板>
浜汁看板

      <当日新潟漁港に水揚げされた南蛮エビ>
南蛮エビ

南蛮エビ拡大

     <チャリテイ浜汁の行列 少しお待ちください>
行列

当日早朝、新潟漁港に水揚げされたばかりの新鮮、大ぶり、さらに頭だけではなく
“1匹まるごと”使った豪華な南蛮エビ汁で
100食ずつ2回行われ、代金は募金箱を用意してお気持ちをいただきました。

     <代金の代わりにお気持ちをいただきました>
募金箱

1回に2鍋ずつ調理され、沸騰した鍋に“これでもか”
言うくらいに南蛮エビを投入。味付けは味噌だけですが
まるごと南蛮エビの出汁が効いた浜汁が出来上がりました。

            <南蛮エビでイッパイの鍋>
鍋投入

         <1回に2つの鍋で調理しました>
鍋

    <味噌仕立ての南蛮エビ汁が出来上がりました>
鍋出来上がり

泉田知事にも召し上がっていただき、活きのよい大きな南蛮エビの出汁がきいた
浜汁を“絶賛”されていました。
この後セリ人を努められる、素人競り市に弾みがついたのは言うまでもありません。

     <知事と組合長に召し上がっていただきました>
知事浜汁

          <ネギをのせて 1杯の浜汁>
お椀

予定よりも多い約250人の方に舌鼓を打っていただき
大好評のうちにチャリテイ浜汁は品切れになりました。
ここだけの話ですが、南蛮エビ漁の漁師さんにとっては
出漁時、定番中の料理だそうです。

           <飲食スペースの案内看板>
飲食看板

        <給仕の新潟漁協女性部の皆さん>
よそう

給仕

       <浜汁コーナーの周りには大勢の方が>
行列

長くなりそうなのでNO.2に続きます。


<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー







スポンサーサイト
プロフィール

ブランド化推進協議会

Author:ブランド化推進協議会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。