FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県漁業士会が水産物PRイベントを開催しました!

10月9日(日) 「新潟県漁業士会」
「スーパー原信」の長岡市内5店舗
美沢店、川崎店、宮内店、古正寺店、シビックコア店で
“水産物PRイベント”を開催しました。

          <店の入り口には大漁旗が>
大漁旗

“魚食普及” “漁業士の研修”を目的に
県内各地区の漁業士と事務局合わせて31名が参加し、各店舗に伺い
魚の食べ方の説明、試食PR、そしてレシピの配布を行いました。

         <宮内店手作りのイベント告知>
宮内店
     <能生漁港直送のノボリも>
能生漁港

前日の8日は低気圧の影響がまだ残っていて
海上は風が強く時化模様で心配されましたが
能生漁港と筒石漁港でなんとか出漁し、鮮魚は用意できました。

写真は混獲された、南蛮エビとニギスの仕分け作業の様子です。
このような作業を経て、皆様の食卓に新鮮な魚介類が運ばれていきます。

仕分け作業

仕分け作業

参加者全員で開会式を行い、PRイベントが始まりました。
会場を大漁旗とノボリ、そしてポスターなどで飾り付けをし
漁業士はハッピを着て雰囲気を盛り上げました。

  <開会式坂下会長の挨拶 一生懸命PRするように!>
開会式
           <古正寺店のイベント風景>
店内

当日PRした鮮魚は、上越の南蛮エビ、ニギス、ヤリイカなど
加工品では、岩船のヤナギガレイ一夜干し、佐渡の真イカ沖漬
上越のニギスのすり身です。上越地方では、ニギスをメギスと呼んでいます。

       <上から 南蛮エビ ニギス ヤリイカ>
南蛮エビ

ニギス

ヤリイカ

試食はニギスのつみれ汁と真イカ沖漬をご用意。
評判もよく多くの方から試食後に購入していただきました。
特にニギスのすり身は、家に帰って簡単に調理できるとあって
売れ行きもよく“即完売”しました。

       <試食していただいたニギスつみれ汁>
試食
<美沢店が用意した南蛮エビ調理例 左:素揚げ 右:天丼>
調理例

今回レシピは、新潟県漁業士会オススメの3品を作成。
エビクリームコロッケはもちろん南蛮エビを使用したメニューで
昨年開催された「いっぺこと食べなせ!にいがたのお魚料理コンクール」
でのアマ部門最優秀賞作品です。

   <アマ部門最優秀賞作品 エビクリームコロッケ>
エビクリームコロッケ

もう2品はヤナギガレイの姿焼きと、試食もしていただいたニギスのつみれ汁です。
下記に掲載しますので、ぜひ新潟県産をご使用いただきお試しください。

         <焼きたてのヤナギガレイ姿焼>
ヤナギ
         <アツアツのニギスつみれ汁>
つみれ汁

各店ともPRイベントは無事終了。食べ方の説明を聞き、試食をしたお客様が
「それでは!」という感じで買って行かれる方が多く
PRの大切さと売ることの難しさを感じさせられました。

           <美沢店のイベント風景>
美沢店

また、お客様の声を直接聞くことが出来
自分たちが獲った魚がどのようにして売られているかを知ることが出来
漁業士、事務局ともに大変勉強になる良い機会になりました。

           <川崎店での説明の様子>
川崎店

これからもこのようなイベントを通し、新潟県産魚介類の普及に取組んでいきたいと思います。
新潟県漁業士会の今後の活動にご注目ください。

 レシピはこちら 
レシピ
レシピ

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー






スポンサーサイト
プロフィール

ブランド化推進協議会

Author:ブランド化推進協議会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。