FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の漁港めぐり 岩船漁港編

大好評「秋の漁港めぐり」第3弾。
今回は10月下旬に、県北・村上市の「岩船漁港」に行ってきました。
新潟市内からは、車で国道113号線を北に向かって1時間チョットで到着します。

港

港
<岩船の代表魚 上から ヤナギガレイ アカムツ マダイ>
ヤナギ

アカムツ

マダイ

岩船漁港は、県が管理する地方港湾・岩船港内に指定された漁港区です。
岩船港からは、離島・粟島へのフェリーが発着し
近くには湯量が豊富な瀬波温泉があります。

今回もアイウエオ順で紹介します。
<アカアマダイ>
アカアマダイ
<アサバガレイ>
アサバガレイ
<アラ>
アラ
<エイ>
エイ

板びき網漁、底びき網漁が中心で、たい類、かれい・ひらめ類
たら類などが多く水揚げされ、魚種も豊富です。
中でもブランド魚・ヤナギガレイや、高級魚・ノドグロ(アカムツ)が
多く水揚げされることでも知られ、テレビでもたびたび紹介されています。

<カガミダイ>
カガミダイ
<ガザミ>
ガザミ
<カナガシラ>
カナガシラ
<キアンコウ>
キアンコウ

漁港に隣接した新潟漁協岩船港市場に、午後3時すぎに到着しましたが
夕方5時からのセリを前に、板びき網船がすでに帰港し、選別作業の真っ最中でした。

作業

作業

作業
<クロダイ>
クロダイ
<サワラ>
サワラ
<シロサケ>
シロサケ

荷捌き場には、定番の魚の他に、シロサケ、アラ、アカアマダイ、ガザミなどが多く並べられ
他に定置網で水揚げされたワラサ、マアジ、マサバが山積みされていました・・・
が、魚種数は40種ほどで、いつもより少な目のようでした。

作業

市場
<スズキ>
スズキ
<タマガンゾウヒラメ>
タマガンゾウヒラメ
<チダイ>
チダイ

陽も沈みかけた5時にセリが始まりました。最初はサケの入札、そして箱物と続きます。
セリの途中で岸壁が賑やかになってきました。
行ってみると底びき網船が帰港し水揚げ作業が始まっていました。

セリ

セリ
<トラフグ>
トラフグ
<ニギス>
ニギス
<ヒラメ>
ヒラメ

すでに船内で箱詰めが済んでいるようで
魚箱が船から下ろされフォークリフトで荷捌き場に運ばれていきます。
ノドグロやカレイ類などが多く水揚げされていました。

定置船

定置船

定置船        
<マアジ>
マアジ
<マガレイ>
マガレイ
<マゴチ>
マゴチ

その後も底引き船が入港し、8時過ぎまでセリが続きました。
岩船漁港の魚は、地元をはじめ県内を中心に出荷されます。

<マサバ>
マサバ
<マトウダイ>
マトウダイ
<ミズダコ>
ミズダコ
<メバル>
メバル
<ヨロイイタチウオ>
イタチウオ
<ワラサ>
ワラサ

最後はあまり見かけない魚を見つけました。岩船では“なだ”と呼ばれています。
上のヨロイイタチウオにちょっと似ているようですが・・・

イタチウオ

隣接の漁協直営“岩船港直売所”では
鮮魚や干物などの加工品の販売、そして料理を提供していますので
ぜひお立ち寄りください。ご来店お待ちしております。

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー





スポンサーサイト
プロフィール

ブランド化推進協議会

Author:ブランド化推進協議会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。