FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の漁港めぐり 能生漁港編 NO.1

「冬の漁港めぐり」第2弾。今回は、糸魚川市の能生漁港を訪れました。
新潟市からは、北陸自動車道を使って、約2時間で到着します。

能生漁港

能生漁港

能生漁港には、上越漁協地方卸売市場が併設されており
近隣の筒石漁港、浦本漁港で水揚げされた魚介類も入荷され、セリにかけられます。
魚は先回の姫川漁港と重複しないものを中心に紹介します。

<アイナメ>
アイナメ
<アオミシマ>
アオミシマ
<アカカマス>
アカカマス
<アラ>
アラ
<ウマヅラハギ>
ウマヅラハギ

新潟方面から順に、筒石漁港は底びき網漁が中心で
にぎす類、ひらめ・かれい類、たい類が多く獲れます。

<筒石 アカガレイ>
アカガレイ
<筒石 アサバガレイ>
アサバガレイ
<筒石 ヤナギムシガレイ>
ヤナギムシガレイ
<筒石 チダイ>
チダイ
<筒石 クロザコエビ>
クロザコエビ

能生漁港は底びき網漁、かご漁が中心で、ベニズワイガニが多く獲れ
他には、南蛮エビ(ホッコクアカエビ)などのえび類、にぎす類
ひらめ・かれい類が多く獲れます。

<能生 南蛮エビ(ホッコクアカエビ)>
ホッコクアカエビ
<能生 シロエビ>
シロエビ
<能生 トヤマエビ>
トヤマエビ
<能生 ニギス>
ニギス
<能生 タマガンゾウヒラメ>
タマガンゾウヒラメ

浦本漁港は刺網漁、底びき網漁が中心で、ひらめ・かれい類
めばる類、タチウオなどが多く獲れます。

<浦本 ウスメバル>
ウスメバル
<浦本 シログチ>
シログチ
<浦本 ノロゲンゲ>
ノロゲンゲ
<浦本 ガンコ>
ガンコ
<浦本 マサバ>
マサバ
 
3漁港周辺は新潟県内でも有数の漁場で、浅瀬に棲む魚から、深海にすむ魚まで
多くの魚種が獲れます。この日も70種以上の魚介類が水揚げされていました。
また、漁場が近いので、鮮度の良さが漁師さんの自慢です。

<カイワリ>
カイワリ
<カガミダイ>
カガミダイ
<カナガシラ>
カナガシラ
<キアンコウ>
キアンコウ

底びき網漁の漁師さんは、1日に数回漁場と漁港の往復ができ
1回の漁を終えると岸壁に水揚げし、また出漁し、その間に家族や手伝いの方が
仕分け、選別、箱詰め作業を行います。

<まだまだ揚がるサワラ>
サワラ
<シロギス>
シロギス
<シロサケ>
シロザケ
<久振りに登場の タナカゲンゲ>
タナカゲンゲ
<ニジカジカ>
ニジカジカ

仕分け・選別は選別台の魚介類を、魚種ごとに分けたり、南蛮エビ(ホッコクアカエビ)を
大・中・小のサイズごとに分けたりするなど大変な作業です。

仕分け
            <南蛮エビの選別作業>
仕分け

紹介する魚が多いので、次回に続きます。

            
<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー





スポンサーサイト
プロフィール

ブランド化推進協議会

Author:ブランド化推進協議会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。