FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いっぺこと食べなせ!にいがたのお魚」料理コンクール実演審査会が開催されました!  NO.3

実演室は、出汁のいい匂い 焼き・揚げによる香ばしい匂い
そして香辛料の刺激的な匂いなどに包まれ
12時を過ぎる頃になると空腹はピークに達し
シャッターを押す力も弱りがちに・・・

     <プロカメラマンによる写真撮影を行いました>
写真撮影

12時30分になり実演終了。各作品とも、食味審査用1名分
写真撮影用1名分、出場者試食用2名分の計4名分が出来上がりました。
みんな本当に美味しそうですね~

           <全19作品が揃いました>
試食会場

いよいよ審査が始まります。まず、プロ・アマに分かれ1人ずつ料理説明です。
料理のポイントやエピソードなどをアピールしていただきました。

 <プロ最優秀賞市橋さんの料理説明>
プロ説明

 <アマ最優秀賞高橋さんの料理説明>
説明

続いては審査員によります試食審査です。それでは審査員の方を紹介いたします。
審査委員長の悠久山栄養調理専門学校の松田校長をはじめ 
小野会長、佐藤会長、県観光協会吉川事務局長、県農林水産部水産課土屋参事
県調理師会の杉崎さん、高橋さんの7名です。

        <吉川審査員>
吉川審査員

        <土屋審査員>      
土屋審査員
     
        <高橋審査員>
高橋審査員

                <杉崎審査員>
杉崎審査員

審査員の皆さんもかなり空腹なはずです。みなさん美味しそうに
かつ真剣な表情で審査されていました。
もちろん1作品ごとに口直し水”を含まれることは忘れていません。

今回は、プロ部門の惜しくも賞に届かなかった6作品を紹介いたします。

 <南蛮・ナンバン・なんばん(南蛮エビと神楽南蛮の南蛮漬け)>
 プロ1番

神楽南蛮に南蛮エビのすり身をはさむ       片栗粉をまぶして油で揚げる
はさむ  揚げる

 <南蛮エビのふんわりムース とろろカップ>
 プロ4番

長いもの皮をむき中をくりぬく             クリーム状の南蛮エビを詰めて蒸す
くりぬく  詰める

 <南蛮エビのポテトチップス焼き>
 プロ5番

南蛮エビの頭の味噌を使いソースを作る      焼き上がり
ソース作り  焼き上がり

 <ヤナギガレイのパン粉焼き きのことホワイトソース>
 プロ6番

ホワイトソースを作る                  きのこをオリーブオイルで炒める
ホワイトソース  きのこ炒め

 <ヤナギガレイ レモン香草蒸し焼き>
 プロ7番

ヤナギガレイをアルミホイルで包み焼きする    焼き上がり 
アルミ包み  焼き上がり


 <柳鰈朱鷺焼き>
 プロ8番

米粉を使い朱鷺の羽を表現する            ヤナギガレイを片づま折りにして焼く
絵付け  片づま折り

次回は、出場者試食会の模様と、プロ・アマの優秀賞各3作品をご紹介いたします。

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー
スポンサーサイト
プロフィール

ブランド化推進協議会

Author:ブランド化推進協議会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。