FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡さかなまつりの主役は南蛮エビ?

11月7日(日)に佐渡市で開催された“佐渡さかなまつり”
行ってきました。当日は、マグロの解体・販売、魚のつかみ取り
活魚・寒ブリの販売など、派手~なイベント盛りだくさんの中
さすが“えびかご漁”が盛んな佐渡。
我らが“南蛮エビ”もそれなりに目立っていましたので
頑張りっプリを報告します。

     <場内でひときわ目立つ新潟南蛮エビノボリ>
ノボリ

会場に入ると目に入ったのはおなじみ“新潟南蛮エビノボリ”
さらに多くの方が並んで居る様子。さっそく行ってみると、さかなまつり恒例の
“ナンバンエビ汁サービスコーナー”でした。
しかもなんと先着3,000名様もちろん無料

     <活南蛮エビの申し込み受付をしていました>
活南受付

       <たくさんの方が舌鼓を打っていました>
エビ汁コーナー

調理場を覗いてみると、島内各漁協から応援に駆けつけた漁師の奥さま方が
大鍋イッパイに南蛮エビがこれでもかと入ったエビ汁の作製中。

        <南蛮エビでイッパイのエビ汁大鍋>
大鍋

さっそく列に並んで一杯いただきました。味噌の風味と、
南蛮エビのコクがうまくマッチングして、モ~たまりません。
しかも今回は水道水ではなく“佐渡沖の海洋深層水”を使っているだけに美味しさもひとしおです。
これは一杯だけではやめるわけには・・・

<アツアツのエビ汁このあともう2杯いただいてしまいました>
お椀

エビ汁で一息ついたところ、今度は香ばしい匂いが・・・
発生源は焼き物コーナーのようです。行ってみると、サザエのつぼ焼に、イカ焼に
そして・・・ありました“焼エビ”です。

    <網イッパイの焼エビ 香ばしい匂いが漂います>
網焼き

大きな網に南蛮エビがたくさんのせられ、炭火でじっくり焼かれています。
味付けはシンプルに塩だけ。1カップ100円で販売され
焼きたてアツアツの焼エビにお客さんも大満足。

  <焼エビにするにはモッタイナイほど新鮮な南蛮エビ>
箱

鮮魚コーナーでは、 “生鮮南蛮エビ”を販売。
やはりお刺身にして食べるのが一番。
さかなまつりならではのビックリ価格に用意されたエビは完売しました。

      <地元ならでは さかなまつり限定大特価>
生鮮

もうさすがにないだろうと思いながら覗いた加工品コーナー。
しっかりとありました。カルシウムタップリ、酒のお供にピッタリの
水津漁協の“乾燥なんばんえび”が販売されていました。

      <一度お試しください 乾燥なんばんえび>
乾燥

ひょっとすると他にもあったのかもしれませんが、もう十分です。
南蛮エビの大活躍に大満足の1日でした。

<↓↓↓事務局HPはこちら↓↓↓>

南蛮エビ バナー     柳カレイバナー




スポンサーサイト
プロフィール

ブランド化推進協議会

Author:ブランド化推進協議会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。